読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

富士チャレ④終焉の時の巻き

富士チャレが終わった。


仲間が必死にペダルを回す勇姿を目撃してきました。

必死の形相で自転車を前に進めていた。。。

みんな本当に凄かった。。。

7時間の激走。。。

私が仮に怪我をしておらず出場していたとしたら、あそこまでできただろうか。

当初のブログの記事の予定はメンバーの紹介をして、レースの展開など写真を織り交ぜてリアルに書くつもりでした。

だけど、それが本当に伝えたいことなのか?

今回私は1ミリも自転車を前に進めていない。選手ではない私。

そんな私は一体何にこんなにも心が揺さぶられたのか?


私が富士チャレで一番強く感じたことは

ロードロは1つ

だった

ということだ。

普段のグループライドでは千切り合って仲間同士で潰し合う。
今回の富士チャレもロードロから4チーム出場しながらも協調はなし。

だけど、

それでも、

ロードロは一つ

だった。

今回写真を250枚くらい撮った。

その中から、この一枚だけ掲載したいと思う

{86E5D41D-1EF9-4D20-B0F0-191953A60474:01}

激走する仲間を見守るメンバーたちの写真



最後に
リーダー
オキタクさん
TKDさん
KSDくん
軍曹
SKIさん
かぴばらさん
KKBさん
TRUIくん
カズシバくん
カズさん
トシモスさん
ミランさん

本当に凄かったです(≧∇≦)
感動をありがとうございました
m(__)m