読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

VS左側痛4 カント調整の巻

いきってペダルをTIMEにしたところ、SHIMANOとの感覚の違いがすげーです!


そこら辺はもうちょい乗ってから書きたいと思います!


さて、左膝痛をぶっ倒すためにカント調整に挑戦!

カント調整に先立ちまして、
まず自分の足の状態を見てみます!


まず正面





っで後ろ




おっさんの生足写真で、ほんとすんません


(* ̄∇ ̄)ノ


これって思いっきりO脚じゃね


!Σ( ̄□ ̄;)


まっすぐな美脚はももの隙間と膝の隙間が同じだとか。


次にゆっくりしゃがんでいきます。


そーすると膝が内側に入って、拳をキャッチしてしまいます。






びっくりするくらい膝が内側に入ります。


( ゚ロ゚)!!


これはオイラだけなのか?


日本人はみんなこんなもんなのか?


自分の膝をこんなに観察したのは初めてです。

( ̄∇ ̄*)ゞ


写真だとわかりにくいんですが、痛くない右膝の方がより内側に入ります


( ̄▽ ̄;)


痛い左側が内側に入るんでないの???


( ・◇・)?


?がいっぱいですが、次にいきます!


インソールの親指あたりにフエルトを重ねていきまっせ!


左側は5枚、より内側に入る右側は6枚重ねてみました

どん!




    

左膝痛とは関係ないんですが、オイラのノースウェーブのシューズですが、一つ難点をあげるとしたら靴べらが無いと履くのが超大変  

( ̄▽ ̄;)




ワイヤーのシューズがそうなのか、ノースウェーブのシューズがそうなのかわからんですがなかなか手強いです!

(; ̄ー ̄A


さて続きです。


もうちょいフエルトを綺麗に切った方がいいんでないの???と思いつつ、このインソールの上に立ちます。


そんで先ほどと同じようにしゃがんでいきます!





膝が内側に入らず、拳をキャッチしません!


おっ!


インソールをシューズに戻し履いてみると、今までとは全く違う感覚


( ゚ロ゚)!!


シューズのフィット感がいい感じ。

リハビリローラーでフエルトの枚数とかを調整していけばOKか!?


早く治したいぜ!

続く